ママがハッピーなら子どもたちも”だいたい”ハッピー

ぶろぐ

ことばの教室「ことりんく」

はじめまして。ことばの教室「ことりんく」代表の吉岡と申します。
私は21年間、言語聴覚士(以下ST)として支援が必要な子どもさんに関わってきました。
その中で「本当にこの療育で良いのだろうか」「何か足りないんじゃないか」という疑問があり、
ずっとモヤモヤしながらの臨床時代でした。

そのモヤモヤの正体に気付いたのは、大学院に入学したのがきっかけです。
大学院での研究テーマは、言語の遅れを持たない自閉症スペクトラム児(アスペルガー症候群や高機能自閉症)のコミュニケーション指導でした。研究を進めていくうちに、彼らが就職して困っているのが、仕事の作業上の問題よりも、職場の上司や同僚とのコミュニケーションであることが分かったのです。

考えてみれば、STは病院や療育施設で発達障害の子どもさんに関わることが多いですが、
長くても18歳まで、多くが就学までで療育を打ち切り、あとは学校や就労支援に引き継ぐことが殆どです。
子どもたちが将来どんなことで困っているかを知らずに療育をする。
社会に出てからの実用的なコミュニケーション指導ができていない。
それが私のモヤモヤの原因だったのです。

そして、コミュニケーションの専門家であるSTが、
就職先のコミュニケーションの問題に積極的に関わるべきなのではないかと、
そう強く思うようになりました。
それで、私はことりんく立ち上げにあたり、年齢制限を設けず、
ご本人が社会にはばたくまでフォローを続けられる体制作りを目指してきました。

現在、就労の場にSTが関わっている例はほとんどありません。道は長いかもしれません。
生きやすい社会作りを目指して、私の新たな挑戦はまだ始まったばかりです。

言語聴覚士・吉岡麻衣
福岡県うきは市吉井町1127-5
☎0943-76-9219 Mail:info@kotolink.jp

https://www.facebook.com/kotolink/
https://kotolink.jp/