ママがハッピーなら子どもたちも”だいたい”ハッピー

ぶろぐ

「大人の発達障がい」④

『久留米大学医学部・神経精神医学講座』 の内容を4回に分けて掲載します。
講演者:准教授 内野俊郎

《どんな特徴があるの? 》
「この発達障がい」という障がいの特徴なんですが、いろいろ並べましたけども、数は多いと言われています。推計ではおそらく、全国で一千万人以上はいるだろうと言われています。じゃあ、どのレベルの障がいで一千万人としているかというのも、また微妙なんです。精神障がいの人って、物凄く多いのです。高血圧で病院にかかっている人よりも、精神科に精神疾患で病院にかかっている人の数の方が多いんです。世の中には、あまり知られていませんが。彼達は、言いにくい状況があります。人前で薬を飲んでいる時「何飲みよると?」と聞かれても「いや、高血圧の薬のみよるっちゃん」というようなことは、さらっと言えても「あんた、その薬は何?」って聞かれて「これ、抗うつ薬やん」って、なかなか言えない。「受け入れてもらえるやろか?」という課題がありますから、精神科の病気や障がいは、あまり人に言えないというところが課題なのです。同じように、発達障がいに関しても、本当にそばにいる人しか気づいていないという事もあるんですよね。外見で課題が判り難いという事もあります。後の方でも行動の特徴をいくつか挙げますが、周囲の人には「怠けてる」とか、「反抗的な人だ」といった風に判断されてしまって叱られることがあって、本当は支援が必要だとか、手伝ってあげるといいことがあるという風に思ってもらえない、そういうことがよくあります。

障がいの境界線が不明確ですから、気付いてもらうタイミングが遅れる事があります。これは、周りだけでなくて本人もそうなんです。時々、成人で大人の発達障がいの方が来られた時など、親御さんが非常に自責的になられることがあります。「本当に申し訳なかった。この子はね、そんな障がいがあると気付かなかった」と凄く悔やまれるんだけど、気付かない事が当たり前のケースも結構あるんです。そんなに早く気付けるかって、それも難しい事なんですね。何度も言いますように、境界が不明確な為に、ハッキリ判りにくいんです。ご本人が、認識を持ちにくい事もあります。説明して「発達障がいかもしれませんね」という話をすると、「いや、そうじゃない」と感じる方も当然いて、その為に、なかなか支援につながらないということもあるようです。

特徴の続きです。課題が「あ、もう大丈夫かな?」と見える時と逆に急に大きくなって見える時などがあります。「得意なところと苦手なところ」の能力は、実はあんまり変わってないけど、環境によってその変化が大きくなったりします。今日ここにいる人達は、多分ちっご弁(筑後弁)の解る人達ですよね。大丈夫ですか?ちっご弁。大丈夫ですね?これが、みんな一斉にフランスにポーンと行ってしまったら、全員障がい者です。フランス語できる人、つまりそこで言葉の障がいがない人、いないですね。(笑)僕も、全然ダメです。そうなると、私たちみんな言葉の話せない障がいになるということなんです。一斉にフランスに行っちゃったらどうするかと言うと、それは支援を求めなきゃいけなくなります。日本語、できれば、ちっご弁の解る日本人を探して、フランス語の堪能な日本人を探さなきゃいけないですね。ちっご弁が無理なら、しょうがないから普通の日本語の話せる人。そうやって支援のできる人を探さなきゃいけない。今のは極端な例ですが、得意不得意というのは、その時によって出てくるところが違います、という事を言いたい訳です。

また、一見解決したように見えても、それはその人が苦手な事を求められない環境にいる時は大丈夫なのだけど、その人があまり得意でない事要求される環境になった時に、課題が大きくなったりします。周りから見ていると「この間まで、あげん元気にしとったやんね」とか「普通に学校に行きよったですよ」といった状態から、学校で環境が変わった時や、求められる立場が変わった時に課題になっていくのです。さらに特徴のひとつには、家族的な背景がある時もあります。簡単に言うと遺伝的な要因がゼロではない。但しゼロではないというのは、精神科の病気のほとんどそうであるように、単純に計算できるようなものでもありません。メンデルの法則というのを習ったことがあったでしょ?あんな単純なものではないのです。ABOの血液型のようにカチッとしたものではないのです。ご本人さんが発達障がいでお父さんも発達障がいといったこともあります。お父さんと概ね似ていて、そのお父さんはこれまで社会的に何とかなってきてるので、よく似た課題があっても気付きにくいといったことがあります。ご本人さんとお父さんは環境も違うし、時代も違うし、求められるものも違う。そこにたまたま、ご本人さんがお父さんと違う役割りを求められたり、違う夢を持ったり、お父さんとは違う分野に進んだ時に発達障がいの課題が問題となって現れるといった事があります。本人が苦労して僕らの所に来て、お父さんもやって来て、「あ!そっくりだな」という事がわかったりします。お父さんは、自分とよく似てるからあまり問題だと思わないし、お父さんの奥さんであるお母さんも気付かないわけです。お父さんは、今まで普通に仕事してて家族支えてくれてるし、お父さんとよーく似てるけど、それは「別に、普通やん」って。先ほど言ったように環境によって課題の現れ方が変わるので、そういう気づき難さにつながることもあるんですね。親が発達障がいだと子供も絶対発達障がいってことではありません。そんな単純なレベルではないのです。

複数の課題が同時に起こるということは、そんなに珍しくありません。ほぼアスペルガーの課題を持ってるんだけど、ADHDの特徴も持ってるねという人は、けっこうおられます。何度もお話しましたように、きれ~いに分かれる訳ではなく、それぞれ特徴を持っていて、これも、外から見ると判り難いのですね。環境から求められる能力の水準、特に今日は大人の発達障がいというテーマですけれども、子供の時は、あまり気づかれないというケースもあります。大人になって発達障がいになるのかというと、そうではなく、もともと持っていた課題というのは、あまり変わらないようです。しかし、子供の時に求められていた水準から大人になって求められる役割りが変わってきた時に、「ここが苦手」というのが露呈する。そこをがんばらなきゃいけない場面になった時にご本人さんが「あっ…、大変だ…」ってなることがあります。

先程ほんとに極端な例を言いましたが、一斉にフランスにボーンと行ったら全員求められる能力を超える訳ですよね。少なくとも言葉に関しては。極端に言うとそういう事です。もうちょっと丁寧に言うのならば、水準によりますが、高校生までは学校からある程度このようにしなさいと言われる事をこなしていけば十分にやれていたものが、大学生になったり、社会人になった時に、自分で少し工夫しなきゃいけなくなったりした時に、その人の上手くいかなさが出てくるという事があるのです。そうすると子供の時は、そんなに目立たなかったものが、大人になって出てくるという風に見えてきます。大人になって環境が変わり、そのストレスが発達障がいの原因になるという訳ではないのです。大人になって指摘されるケースは、こんな事が多いような気がします。

内野俊郎(うちの としろう) プロフィール

1992年 佐賀医科大学(現・佐賀大学医学部)出身
学位:博士(医学)
日本精神神経学会 専門医、指導医、精神保健指定医

〈役員関連〉
日本メディア学会 評議員・理事
日本精神障がい者リハビリテーション学会 EBP
日本心理教育・家族教室ネットワーク運営委員

「大人の発達障がい」③

『久留米大学医学部・神経精神医学講座』 の内容を4回に分けて掲載します。
講演者:准教授 内野俊郎

《発達障がいの概念》
昨今は、発達障がいの概念も変わってきています。そもそも誰でも得意不得意はあります。どんな人でも、得意不得意絶対ありますよね。職業上も家庭的にも何も問題はないけど、実は、縄跳びを飛ばせると周りが噴き出すほど動きが変!というような人も多分おられるだろうと思います。だいたいの事はこなすんだけど、これだけはできないとかちょっと苦手な事とか、絶対あるんですよ。それが、その人を困らせるレベルであれば、「発達障がい」と付けられるかもしれないけど、完璧な人なんてほとんどいません。正常と発達障がいとは、くっきり分かれているのではなくて曖昧なんです。

ただし、重い発達障がいの人は確かにいます。かなり日常生活にも支援をしないといけない、本人も相当きつい、周りと上手くいかない、外に出ていくのも大変だという方も確かにおられるのですが、そういった人と課題が軽めの人との境目も曖昧ですし、自分で「私は、正常です」と言ってる人たちとの差も、それほどクッキリと差があるわけではないのです。そういったことがだんだんと解ってきました。これは、ご本人さん達が、社会に立ち向かっていこう思った時には、役に立つ考え方とも言えるのですが、一方では周りが支援しようとする時の判り難さにもつながるときがあります。「内野さんは発達障がいですもんね」と言われても、どこが発達障がいなのかぱっと見ではわからない。そういった判り難さが課題になる事もあります。最近は、「自閉症スペクトラム」というのですが、さっきの一番最初の表にも出てきましたけど、前は正常と異常のきれいな差があるかのような表現になっていましたが、今は前のようにはハッキリした差がわからないという風に考えられています。

「スペクトラム」とは、「虹」を意味します。「虹」って、僕みたいに絵心がない人は、下手すると7色の線をひくんですですよね。でも、絶対そんな虹ないですよね。虹の端と端の色は確かに違います。片方は黄色に近くて、反対の端は紫に近い。しかし、その間の色はジワーッと変わっていく訳です。そういう風に明確に色分けできないものだと言われていて、自閉症スペクトラムという表現をされています。中核と言われる人達は、確かにいます。基本、定型発達と言われる人、いわゆる正常ですね。基本、問題なかろうと想定できる人もたくさんいる。だけど、その境目ってクッキリとは別れている訳ではないのです。多分、人によって得意な事、不得意な事があるんですよ、という考え方が、専門職、専門家の間でも広まってきた訳です。そんなにきれいに分かれるものではないということですね。

内野俊郎(うちの としろう) プロフィール

1992年 佐賀医科大学(現・佐賀大学医学部)出身
学位:博士(医学)
日本精神神経学会 専門医、指導医、精神保健指定医

〈役員関連〉
日本メディア学会 評議員・理事
日本精神障がい者リハビリテーション学会 EBP
日本心理教育・家族教室ネットワーク運営委員

「大人の発達障がい」②

『久留米大学医学部・神経精神医学講座』 の内容を4回に分けて掲載します。
講演者:准教授 内野俊郎

《発達障がいはもう古い⁈》 「精神発達症群」は発達凸凹

今、お医者さんの世界では「発達障がい」は、「神経発達症群」に名前が変更されています。精神科の先生でもまだ知らない先生はいらっしゃるくらいです。これまでの名称は、間違っていたから変わったわけではありません。大きく発達障がいと分類される中に、いわゆる「自閉症」の方もおられますし、「アスペルガー症候群」、「ADHD(注意欠陥多動性障害」が含まれます。今の分類には知的障がいも「LD(学習障害)」も入っています。難しいですよね。なんか、似たような名前だし…。この中でも「アスペルガー症候群」を中心とした自閉症スペクトラム、ADHDやLDが特に話題なることが多いですので、今日はそこを中心にお話ししていこうと思います。

現実には、それぞれの障がいの特徴が1人の方にいくつも一緒に現れることが多いのです。クリアには分かれない。ADHDの項目なんかを見てると「え?私?」なんていうのが並んでいます。今までそんな風に思ったことのない人でも。精神科領域の病気や障がいは、そういうところがあるようです。実は「障がい」というので、まずそれが問題なのかもしれません。「disorder」という外国の診断に使われている言葉を日本語に訳すると「障がい」となっちゃうので仕方ないのですが、杉山先生という発達障がいの専門医の方は、障がいという言葉の代わりに凸凹という表現を使われます。

確かに「障がい」という言葉が実感されるくらいに本人がすごく困っているケースもある一方で、「障がい」という言葉が非常にショッキングな体験になる方もおられるのです。同じ名前でも、その程度には個々で大きな差があるんです。そういった点への配慮もあって「凸凹なんだ」と言う表現のようです。確かにそうだなと私も思っています。例として、私達が物事を捉え、判断して対応していく時の脳の働きのひとつを「認知機能」と言います。近くに起きた事をキャッチして、その意味を考えて、その事をしばらく覚えとかないといけない・・・今日、私は2時に来ることになっていたのですが、まずその時間を覚えておかなきゃいけないですね。そうして「ここではこういう事が起きるだろうな」という推論します。あるいは、ここでみなさんとやり取りをしながら、皆さんの表情を見て「あ、僕の話は全然伝わっていないな」とかって推論します。それを全然推論しないで、僕の考えていることだけを喋り続けたら、皆さんすぐに帰りたくなるだろうと思います。ひたすら、医者にしかわからない言葉で延々と喋り続けたら、皆さん嫌だと思います。「少しは伝わっているな」とか「今の話は、伝わらなかったな」とか推論する能力がいります。それに合わせて私は、言葉を変えたり説明の仕方を変えたりといった、問題解決を図る技量が必要になるわけです。そういった事のバランスが完全に均一という人なんかいないんです。

発達障がいと言われる人は、この凸凹がちょっと大きい。そんな理解をしてもらえばいいのかなと思います。発達障がいと言われる人が苦しいのは、この凸凹具合なんです。今日は、発達障がいと何度も出てきますが、基本この凸凹の課題が大きい人達という風に考えてくだされば良いと思います。



内野俊郎(うちの としろう) プロフィール

1992年 佐賀医科大学(現・佐賀大学医学部)出身
学位:博士(医学)
日本精神神経学会 専門医、指導医、精神保健指定医

〈役員関連〉
日本メディア学会 評議員・理事
日本精神障がい者リハビリテーション学会 EBP
日本心理教育・家族教室ネットワーク運営委員

「大人の発達障がい」①

『久留米大学医学部・神経精神医学講座』 の内容を4回に分けて掲載します。
講演者:准教授 内野俊郎

今日は、発達障がいの話なんですが、私は、決してその道の専門という訳ではないので、発達障がいだけをやっている訳ではありません。料理人に例えるなら、日本食にもいろんな分野があります。日本食の職人も多種あります。例えるなら私は、蕎麦屋かなと。麺も打ちますが、天ぷらも揚げます、煮物も作ります、丼ぶりものも作ります。で、今日の発達障がいの話は、天ぷらの話なんです。私は、天ぷら専門の職人ではありません。私は、いろんな患者さんを日ごろの日常の中で診ています。その中で発達障がいの方も来られています。専門的に「発達障がいを診ます」という先生もいらっしゃいますが、いかんせん数が少ない。でも、困っていらっしゃる方はおられますので、「専門です」というところに患者さんが集中し、予約が数か月待ちとかいう状態になっています。私は、本当の専門というわけではありませんが、発達障がいを診ない訳ではないので、私が関わってきた方々との経験をお話します。発達障がいって、一括りではありません。「発達障がい」といわれる中でいろんな違いがありますが、そんな違いがある事を知っていただければと思います。

《発達障がいの現状》
発達障がいに関して、今どんな事が起こっているのかと言いますと、発達障がいブームが来ていると呼べそうな状況です。臨床現場でもそうですが、本当にこの数年は、発達障がいという言葉がよく聞かれるようになりました。マスコミもさかんに扱うようになり、日常用語になっていると言えそうなくらいです。

それには、功罪両方の面があります。マスコミがいっぱい言ってくれて、世間一般に発達障がいというものが知られるというのは決して悪いことではないのですが、一方では誤解もあり、ネットの情報なんかを見ると「これはマズいな。心配だな。」というようなこともしばしば目にします。ただ、誤解というのは、発達障がいだけに限らないですね。精神障がい全般にも相当な誤解がありますので、その中のレベルかなとも思いますが、発達障がいというものが知られるようになって、周りに理解してもらえてよかったと言われる当事者の方もおられるし、全然違う理解をされて、ひどい目にあって、冷たくされたという体験の人もおられます。その辺が課題なんだろうなと思うところです。

それから一番大きな課題は、支援が十分でない事です。今日、私がこうやってお話しをします。今日おいでの方の中には、支援者という立場の方、発達障がいの当事者だという方、また、ご家族という方、職場の同僚にひょっとしたら、と思って来られた方もいらっしゃると思います。残念ながら個別に「〇〇だから、どうしたらいいんですか?」と言われ「はい、こうしてください」と言えるような決まったものはありません。

かなり、あの手この手を使っていかなきゃいけないというのは、共通しているのですが、教育現場での支援にも、医療の場での支援にもそれぞれ課題があります。学校での支援について言えば、大人に比べて今は、発達障がいのお子さんへの支援が随分と整備されてきています。学校の先生方も、いろんな研修を受けておられて発達障がいの事は、ある程度理解が進み、教室に何人がいても驚かないようになってきて「発達障がい?それは何ですか?」という時代ではなくなりました。
しかし、医療現場ではどうかというと、精神科医療以外の領域での医療との接点はまだ十分ではないと思いますし、福祉という問題でも、これは後でもお話ししますが、上手くいっていないところもあります。

発達障がいを持っておられる方々が、普通に職場におられるんですよね。仕事をしておられる方は、たくさんいらっしゃいます。そこで、課題が出てきた時に職場の方にどう解ってもらうかがとっても大変なんです。じゃあ、どうしたらいいかというのを、いろんなところに持ち込まれるんですが、なかなかクリアに、そこで全部相談を受けきれるところがありません。今日ここにおいでいただいた皆さんが「なるほど」と思っていただくことがあって、少し理解が深まっていくとすれば、支援が広まっていく第一歩になるのかもしれません。

今、当事者の方々がいっぱい活躍されています。当事者の方のネットワークは、草の根的な事もあるし、結構中央に集まって頑張ってる人達のグループもあります。これも、精神障がいを持つ人達全般に言えるのですが、当事者には本当に力があります。言い換えれば、医療が過保護過ぎた時代が長かったけれども、本当は、当事者の方達は力を持っているのです。その人達の力が、だんだん認められてきており、同じように発達障がいを持つ人たちも活躍しています。

後にもご紹介しますが、カミングアウトしている有名人は、たくさんいます。そのように自身の精神障がいについてカミングアウトしている方はまだそんなに多くありません。本当はたくさんおられるのですが、そんな方達の活躍が今後楽しみです。

内野俊郎(うちの としろう) プロフィール

1992年 佐賀医科大学(現・佐賀大学医学部)出身
学位:博士(医学)
日本精神神経学会 専門医、指導医、精神保健指定医

〈役員関連〉
日本メディア学会 評議員・理事
日本精神障がい者リハビリテーション学会 EBP
日本心理教育・家族教室ネットワーク運営委員

ごあいさつ 〜ホームページができました ! 〜

「ハッピーママくらぶ」の活動は、
2015年、福岡県久留米市でスタートしました。

〜ママがハッピーなら子どもたちもだいたいハッピー〜 を合い言葉に、発達障がいのお子さんと歩むママと支援者のみな様に向けて情報発信をしています。

子育てはママだけが孤軍奮闘するものではありません。家族や周囲の人たち、地域も一緒になってするものだと思います。「ハッピーママくらぶ」通信の無料配布、講演会、ギフテッドの会など、私たちの活動がそのためのネットワーク作りや、居場所作りの一助になればと願っています。これまで以上に、地域の方々のご理解やご協力を頂きながら、みな様と繋がっていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
 

地域づくりネットワーク福岡県協議会加盟団体
後援:久留米大学経済社会研究所 筑後川ブランド委員会
発行:ハッピーママくらぶ Tel:080-4289-0706
Mail:info.happymamaclub@gmail.com